MENU

「ツゲインって知ってますか?その効果と副作用、評判について」

ツゲインとは?

「ツゲイン(Tugain)」はAGAの症状の改善を目的とした育毛剤です。「ツゲイン」は、先発薬である有名育毛剤「ロゲイン」のジェネリック医薬品であることから、「ロゲイン」と同等のミノキシジルが有効成分として配合されています。

 

ツゲインの製造メーカーは、世界的に有名なジェネリック医薬品製造メーカーであり、インドで2番目の規模を誇る「シプラ(Cipla)」社です。シプラ社は、ツゲインの他にも、内服薬としてAGA治療に用いられているプロペシアのジェネリック医薬品であるフィンペシアをはじめ、HIV、心臓疾患、糖尿病などの治療薬を幅広く開発している、大手の信頼できるメーカーなのです。

 

ツゲインの効果 ミノキシジルの効果は認められている!

ミノキシジルは、日本皮膚学会のガイドラインで最高ランクである「Aランク」と評価されるほどの効果が認められており、AGAによる薄毛治療薬として推奨されている有効成分です。

 

ミノキシジルが持つ血管拡張作用により、より多くの栄養素が毛根に行きわたることによって、発毛を促進させる働きがあります。また、ヘアサイクルの休止期において、毛母細胞に働きかける作用も併せ持つことから、育毛促成にも効果が期待できます。

 

ツゲインの開始時期と効果がでるまでの期間

頭頂部の脱毛が気になりだしたら、ツゲイン治療を早めに開始すると良いでしょう。治療開始が遅れてしまうと、ミノキシジルが働きかける毛根自体が少なくなってしまうため、十分な効果が得られなくなってしまう可能性があります。

 

ツゲイン治療を開始してから発毛・育毛効果が実感できるようになるまでには、ヘアサイクルの関係で3か月から半年ほどの期間がどうしても必要になります。すぐに効果が見られないからといって途中で中断せず、継続して使用を続けると良いでしょう。

 

ツゲインの種類 どれを選べば一番良いの?

ツゲインには、ミノキシジルの配合濃度の違いによって、2%、5%、10%の3種類の製品があります。有効成分であるミノキシジルの配合濃度が高ければ高いほど、その分価格も高くなっています。いずれも、病院では処方を受けることができませんので、通販サイトからのみ購入が可能となっています。ちなみに、他にミノキシジルが配合された市販薬として、大正製薬のリアップが販売されていますが、リアップは5%の配合濃度までの製品しか存在しません。それでは、3種類それぞれのツゲインの適応についてご紹介していきます。

 

ツゲイン2%

ミノキシジルの配合濃度が低めの2%は、女性用の製品です。女性の頭皮は男性よりも皮膚が繊細なため、低濃度の製品の使用が推奨されています。ちなみに、大正製薬の女性用リアップ(リアップリジェンヌ)は1%の配合濃度となっているため、それよりも強い効果が期待できます。

 

ツゲイン5%

ミノキシジルの配合濃度5%は標準的な含有量で、軽度の薄毛の男性に適した製品です。先発薬であるロゲイン、大正製薬のリアップX5プラスも同じ5%の配合濃度となっています。

 

ツゲイン10%

ミノキシジルを10%配合している製品が存在するのはツゲインだけです。5%の配合濃度では改善がなかなか難しい、生え際やM字ラインの脱毛が進行した男性に適した製品です。

 

ツゲインの価格 安価でお得

ツゲインはご紹介した通り、ジェネリック医薬品なので、他の製品と比べ、比較的安価に手に入れることが可能です。ツゲイン2%(60mL 1本)で2,000〜3,000円前後、ツゲイン5%(60mL 1本)で3,000〜4,000円前後、ツゲイン10%(60mL 1本)で4,000〜5,000円前後の価格にて、通販サイトにて購入することが可能となっています。

 

ツゲインの使用方法 朝晩塗るだけ!

ツゲインの使用方法は特に難しくありません。1日2回、朝晩頭皮に塗布するだけになります。

 

1回の使用量は1mgで、付属のスポイトを使って薄毛が気になる部分に直接塗布します。指先で内側から外側にむかって、マッサージしながら揉み込み、成分を浸透させます。このとき、ゴシゴシとこすりすぎたり、爪を立てたりして頭皮を傷つけないように気を付けてください。

 

就寝前に使用する場合には、しっかり有効成分が浸透して、頭皮の表面が完全に乾いたことを確認してから就寝するようにしてください。ですから、就寝時間の2〜4時間前までに塗布し終えるのが良いでしょう。

 

薬効の持続時間は12時間なので、次の使用まで最低12時間は時間を空けるようにしてください。

 

ツゲインの副作用はほぼ無い

ツゲインは外用薬のため、副作用は起きにくいとされています。

 

ただし、薬剤の成分が体に合わない場合には、頭皮のかぶれやかゆみが発生する場合があります。
また、ごく稀に、むくみやしびれ感、性欲減退、体のほてり、体重増加などが起こることが報告されています。
もしこれらの副作用がひどく現れたり、持続する場合には、医師に相談するようにしてください。

 

ツゲインの禁忌

頭皮のかぶれやかゆみを起こしやすいと考えられる敏感肌の方、また妊娠中の方はツゲインの使用は出来ませんので注意してください。

 

また、65歳以上の高齢者や、低血圧の方もツゲインの使用は慎重に判断するようにしましょう。

 

ツゲインの評判

実際にツゲインを使用した方々の評判はとても気になりますよね。いくつかご紹介していきたいと思います。

 

ツゲイン2%の口コミ

30代女性:「女性用は選択肢が少ないですが、私にはツゲインが一番合っています」

 

40代女性:「旦那がツゲインを始めたので私も購入。薄くなってきた部分が改善しました」

 

50代女性:「リアップは値段が高すぎるのでツゲインを購入。3か月でかなりの効果を実感」

 

ツゲイン2%の評判は良好のようです。口コミにある通り、女性用リアップ(リアップリジェンヌ)はツゲインの3倍ほどの価格なので継続して使用していく場合には、同じ有効成分であるツゲインがやはりおススメです。

 

ツゲイン5%の口コミ

50代男性:「ツゲイン5%を使い始めたばかりですが、すでに効果がでてきました。もっと早く使っていれば良かった…」

 

40代男性:「うっすらと産毛が…!」

 

50代男性:「リアップから切り替え。効果はどちらも同じで問題なく髪が生えてきています」

 

ツゲイン5%も効果を実感されている口コミばかりですね。ミノキシジルが同濃度配合されているリアップX5と効果は同じか、または早く効果が得られる場合もあるようです。女性用リアップと同様に、リアップX5もツゲインの2倍以上の価格なので、効果だけでなく、価格面からもツゲインがおススメですね。

 

ツゲイン10%の口コミ

50代男性:「本当に髪が生えてきた!!フサフサ!」

 

40代男性:「ツゲイン10%で抜け毛が減りました。生えてくる毛も太くて抜けにくくなっている」

 

50代男性:「今6本目使用中。ずいぶん薄毛が改善されました」

 

40代男性:「髪にコシとハリが出てきました。本気で育毛したいなら10%!」

 

ツゲイン10%はミノキシジルの配合濃度が最大なので、やはり強い発毛・育毛効果がみられるようです。薄毛が進行している場合はツゲイン10%に頼ってみるのが良いでしょう。

 

【最後に】
ツゲインについてご理解いただけましたか。薄毛が気になる方は、さっそく自分に合ったツゲインを試されることをおすすめします。